赤面症を克服する前にまず知っておくこと!

これからあなたは赤面症を克服し、私と同じように新たな人生を歩み始めようとしています。
そこでまず赤面症を克服する上であなたが知っておくべきことがあります。
それはあなた自身のことです。
自分の赤面症は軽度なものなのか?それとも重度なのか?
今まではそんなことを比べる相手もいませんし、あなたを評価してくれる人もいませんでしたよね。
あなたの赤面症はどのタイプなのか今一度確認してみましょう。

まず人間には2つのタイプがいます。
一つは赤面しない人、もう一つが赤面する人です。
あなたは後者の、赤面する人ですよね。

さらに赤面する人でも3つのタイプに細分化されます。
まず一つ目は、 『赤面しても気にしないタイプの人です。』
このタイプの人は例え赤面しても気にしていませんから、自分を赤面症だとは思っていない人です。
せいぜい思っていても、恥ずかしい時には顔が赤くなるものだとしか感じていません。
二つ目のタイプは、『赤面を気にする人です』
一般的に言う赤面症がこのタイプだと思います。
そして最後のタイプは『赤面する前から赤面を気にしている人です』
考えてみるとおかしいですよね、まだ赤面もしていないのに赤面した時のことを考えてしまうんですから。
これは、いわゆる赤面恐怖症と言うものです。

さあ、あなたはどのタイプでしたか?
以前の私は最後のタイプの赤面恐怖症でした。
このように、同じ赤面するにしても、本人がどれくらい自分の赤面を気にしているか?ということで
症状の深刻さが違ってきます。
しかも、その症状の深刻さを決めているのは他人ではなく、あなた自身なんです。
あなたがどれくらい赤面を気にしているかで症状が変わって来るのです。

ですから、赤面に対する過剰な意識を少しでも軽くできれば症状も和らげることができるのです。
逆を言うと赤面しても、さほど気にならなくなれれば症状が和らぐということがいえます。

でも、あなたに「過剰に赤面を意識しないでください!」と言っても、
『はいっ!わかりました。もう気にしません!』
とは簡単にはいきませんよね。

この『意識』が違った方向に向いてしまっては、治るはずの赤面症も治らなくなってしまいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。